読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜 ホテルでディナー

f:id:kt-merci8:20170222205512j:plain

f:id:kt-merci8:20170222210132j:plain

f:id:kt-merci8:20170222210905j:plain

f:id:kt-merci8:20170222211835j:plain

f:id:kt-merci8:20170222211840j:plain

f:id:kt-merci8:20170222212357j:plain

f:id:kt-merci8:20170222212403j:plain

f:id:kt-merci8:20170222212416j:plain

f:id:kt-merci8:20170222212509j:plain

f:id:kt-merci8:20170222213943j:plain

 どの料理でもデセールはもっと豪華にしてほしいのですが?

ラ・ラ・ランド  La La Land

f:id:kt-merci8:20170408105656j:plain

 「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリングエマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画。売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。「セッション」でアカデミー助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズも出演。第73回ベネチア国際映画祭エマ・ストーンが最優秀女優賞、第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか同賞の映画部門で史上最多の7部門を制した。第89回アカデミー賞では史上最多タイとなる14ノミネートを受け、チェゼル監督が史上最年少で監督賞を受賞したほか、エマ・ストーンの主演女優賞など計6部門でオスカー像を獲得した。

 エマ・ストーンのアメージングで綺麗と観じていましたが、・・・・・・なんで別れるのか?

昼はバインミー

f:id:kt-merci8:20170222152616j:plain

f:id:kt-merci8:20170222154140j:plain

空港内の2Fにある場所でフランスパンに具を入れた。カスクートという物

マンゴージュース

f:id:kt-merci8:20170222154356j:plain

クラムチャウダー

f:id:kt-merci8:20170222161312j:plain

f:id:kt-merci8:20170222160306j:plain

f:id:kt-merci8:20170222160312j:plain

f:id:kt-merci8:20170222160607j:plain

f:id:kt-merci8:20170222160618j:plain

朝食x2

f:id:kt-merci8:20170221080802j:plain

f:id:kt-merci8:20170221080812j:plain

f:id:kt-merci8:20170221081453j:plain

f:id:kt-merci8:20170221081548j:plain

f:id:kt-merci8:20170221081559j:plain

 ちょっと初心者ですかね?フライパンがくっつき過ぎですよ!

 

f:id:kt-merci8:20170221083150j:plain

f:id:kt-merci8:20170221082045j:plain

f:id:kt-merci8:20170222085957j:plain

夜 ホイアン名物料理

f:id:kt-merci8:20170221195205j:plain

f:id:kt-merci8:20170221200540j:plain

f:id:kt-merci8:20170221201013j:plain

 ハスのチヤーハン

f:id:kt-merci8:20170221202156j:plain

 ちまき

 これだけしか見あたらない

昼 べトナム風西洋料理

f:id:kt-merci8:20170221143839j:plain

f:id:kt-merci8:20170221144603j:plain

 ビスク風スープ(ソースアイヨリ)

f:id:kt-merci8:20170221145405j:plain

 チキンのせサラダ

f:id:kt-merci8:20170221150531j:plain

 アヒルの薄切(別)

f:id:kt-merci8:20170221150636j:plain

 スズキのワインソース

f:id:kt-merci8:20170221152657j:plain

 アイスクリーム・フルーツ添え

f:id:kt-merci8:20170221153651j:plain

f:id:kt-merci8:20170221153626j:plain

f:id:kt-merci8:20170221153737j:plain

 

ミュージアム

f:id:kt-merci8:20170401135212j:plain

 DVDを観たのですが、過激な描写と緊迫のストーリー展開で人気を博す巴亮介の人気サイコスリラー漫画を、これが初タッグとなる小栗旬主演×大友啓史監督により実写映画化。雨の日だけに起こる猟奇殺人事件を追う刑事の沢村久志。犯行現場に残された謎のメモや、見つけられることを前提としたかのような死体から、カエルのマスクを被った犯人像が浮かび上がる。通称・カエル男と呼ばれるようになった犯人を追い詰めていく沢村だったが、カエル男の仕組んだ残酷な罠にはまり、絶望的な状況に追い込まれてしまう。主人公・沢村役の小栗、沢村の妻を演じる尾野真千子はじめ、野村周平大森南朋ら豪華キャストが共演。なんか小栗 旬にしては?