1月14日 成人式って

 もう何十年も前に私も、誰もが通る日だと思います。皆が全員20歳という晴れ着やスーツ姿に着飾って区役所などに集まって同じ学校や他の学校と区ごとに参加されると、区長がお祝いの言葉を下さいます。贈答品が下さり、写真を撮り今まで通りにニュースは自分の写真が載り犯罪となる。

 たぶんそうだと思います。私はもう仕事をしていて大学も行っていませんし、成人式に行ったからといっていいとは感じられません。私は行かないと決めたのです。それがいいか悪かと自分の問題なので全員が参加するという事はないと感じます。・・・・・・私は何をしたかは知らないです・・・・・・?!

ボヘミアン・ラプソディ

f:id:kt-merci8:20190114171521j:plain

 世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。あまり興味がなかった「クイーン」でしたがエイズフレディ・マーキュリーが亡くなっていたとは、改めてよかったですよ!

 

スマホを落としただけなのに

f:id:kt-merci8:20190113140540j:plain

 志駕晃の同名ミステリー小説を「リング」中田秀夫監督のメガホン、北川景子の主演で映画化。いつものように彼氏に電話をかけた麻美は、スマホから聞こえるまったく聞き覚えのない男の声に言葉を失うが、声の主はたまたま落ちていた彼氏のスマホを拾った人物だった。彼氏が落としたスマホが無事に戻ってきたことに一安心する麻美だったが、その日から麻美の日常は一変する。まったく身に覚えのないクレジットカードの請求、それほど親しくない友だちからの執拗な連絡……それらは麻美のさまざまな個人情報が彼氏のスマホからの流出を疑う事象の数々だった。一方その頃、ある山中で若い女性の遺体が次々と発見される事件が起こる。すべての遺体には、いずれも長い黒髪が切り取られているという共通点があり……。北川が主人公・麻美を演じるほか、連続殺人事件の担当刑事役を千葉雄大、セキュリティ会社社員役を成田凌、麻美の彼氏役を田中圭がそれぞれ演じる。いつもすぐ使えるスマホを落とすと直ぐに止めないとハッカーなどにひらわれると、最悪な世界が待っていますよね!本当に残念な結果になる。気を付けて起きますよ。