下処理が大切です

 料理で食べていると甘かったり、辛かったり、そして酸っぱいや苦みや旨みを感じますが。人によって味はばらばらで辛いのが好きな人や甘いのが好きな人や、激辛や塩辛さ、あっさりや油濃いのが好きな人。

 ハンバーグを食べていると、硬い骨や軟骨があれば何か口の中で残りますが、まあそれは構いませんが、魚を食べていると気になるのはウロコです。新鮮な魚だと食べることもできるのですが、時間を断つと口の中に残ります。エビの背ワタやムール貝のひげや貝の口が開いて死んでいるものもだめですよ! 絶対使わないようにする事!!!

下処理はなるべく手を抜かないようにして下さい。

 野菜はなるべく洗うのではなくてふくだけなのですが、あまりにも土がついているものや皮と実の間に栄養があるので皮はむき過ぎないように。フルーツも服だけで洗うのは味が落ちるためにしません。

 

ヴェノム

f:id:kt-merci8:20181103154833j:plain

 《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。それは世界を変えるはずだった。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み増殖していく。エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは―ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!

 CGは素晴らしいですよ! なんか違う? ストーリーにちょっとした変化が・・・・・・。

ハロウィン!?

 東京の渋谷でTVでニュースで日曜日から若者が集まって騒ぎを起こしていますが、後2日で中止になりそうな感じになっていますが、なんか残念ですね?仮想をして集まるのはいいのですが、酔っ払ったり喧嘩をしたり、スカートめくりや触ったり、車を危害をしたりして、なんで子供のハロウィンが大人になると一部分の人間だけなのですが、この前にも言ったように日本は何でもあり過ぎです。外国ではそれだけしかなくて、質素で静かなものですよ。(賑やかなものもありますが)どこかで変化しながら日本に上陸とは、何か残念です!

中崎町の再 オリビエ・ル・フランソワ

f:id:kt-merci8:20181026125643j:plain

 ボジョレー・ヌーボーは1,000円で飲み放題だそうですよ! 樽で飲めるとは・・・・・・!

f:id:kt-merci8:20181026125806j:plain

 アペリティフは砂ずりとカキ

f:id:kt-merci8:20181026130216j:plain

 ガランティー

f:id:kt-merci8:20181026131102j:plain

 ハンバーグ(繋ぎなしで肉のみ)

f:id:kt-merci8:20181026132100j:plain

 チョコレートのスフレ・アイスのせ

2,000円で味は良かったですよ!この中崎町では3本の内の1本です。

f:id:kt-merci8:20181026133813j:plain

 ローズマリー少し貰ってきましたよ。

 

散り椿

f:id:kt-merci8:20181021192340j:plain

 名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保15年。藩の不正を訴え出たために藩を追われた瓜生新兵衛。追放後も連れ添い続け、病に倒れた妻・篠は、死の床で最期の願いを新兵衛に託す。それは、新兵衛のかつての友にしてライバルであり、藩追放に関しても大きな因縁を持つ人物・榊原采女を助けてほしいというものだった。妻の願いをかなえるため故郷へ戻った新兵衛は、やがてある確証を得て采女と対峙する。過去の不正事件の真相や妻の本当の思いを知る新兵衛だったが、その裏では大きな力が彼を襲おうとしていた。主人公・新兵衛を岡田准一、かつての友・采女西島秀俊が演じるほか、黒木華池松壮亮麻生久美子ら日本映画界を代表する豪華俳優陣が集結。 さすがの岡田准一!似合っていました。楯も凄い伐れ・・・・・・。富山の気候も春夏秋冬の季節が合っていて監督にもいい評価が付くのでは!

f:id:kt-merci8:20181021190941j:plain

 西島秀俊もよかったですね!麻生久美子は前半に消えましたが、よかったですよ。