読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベイマックス

f:id:kt-merci8:20150125205926j:plain

 

 今からそう遠くない未来。サンフランソウキョウに住む14歳の少年ヒロ・ハマダは科学的才能を持つ天才少年だが、自分の才能を持て余し、金を賭けてロボット同士を戦わせる非合法のロボット・ファイトに夢中になるたけの自堕落な生活を送っていた。そんな弟を見かねる兄のタダシは彼を自身の所属する工科大学へ連れていく。そこでタダシの友人であるオタクたちの数多くの発明研究を目にし刺激を受けたヒロは、科学の夢を追究したいと飛び入り入学を決意する。

大学へ入学するためには、大学の研究発表会でタダシの恩師でありロボット工学の第一人者であるロバート・キャラハン教授をうならせるほど独創的な発表をしなければならない。ヒロは「マイクロボット」を完成させ、タダシや大学の仲間たちの協力の元、発表会でプレセンテーションを行なう。マイクロボットはひとつひとつは指先ほどのサイズだが、無数のマイクロボットが互いに集まって集合体を形成する属性を持ち、操作者の頭部に装着した神経トランスミッターでコントロールすると、その集合体を瞬時に思うままの物体に変化させることができる画期的な発明だった。発表は見事大成功をおさめ、ヒロはキャラハン教授から直々に入学を許可される。しかしその直後、会場で火災事故が発生。燃え盛る建物に取り残されたキャラハン教授と、彼を助けようとしたタダシが亡くなってしまう。会場内にあったマイクロボットも炎に包まれた。

兄を失い心を閉ざしてしまったヒロ。そんな彼の前に現れたのは、白くて風船の様な見た目のロボット「ベイマックス」。それはタダシが生前、最後に作った「心と体を守るケアロボット」で、戦闘能力も戦闘意欲も持たない心優しいロボットだった。ヒロが痛みを感じると自動的に起動し、患者であるヒロを診察して癒し、ヒロが満足すると自動的に停止する。

上着のポケットにただひとつ残されていた「マイクロボット」の反応を頼りにベイマックスと謎を探る。「マイクロボット」に導かれて二人がたどり着いた先は古びた倉庫。そこで彼らを待っていたのは、あの火災で失われたはずの「マイクロボット」が大量に生産されている現場と、その「マイクロボット」を操る歌舞伎の仮面を被った謎の男(ヨーカイ)だった。

兄の死に疑問を持ったヒロは、仮面の男の目的とタダシの死の真相を知るため、ヒロはベイマックスをバージョンアップして戦闘能力を与え、仲間たちにもそれぞれの研究に合わせたパワーアップ装置を授け、皆で協力して強大な敵に立ち向かう。

しかしヒロは、タダシがベイマックスに託した本当の使命に気付いていなかった。

 けっこうおもしろかったですね、また、ヒット思想!